それぞれのデメリット

入手するまでが遅い

何もない状態から住宅を作り始めるので、注文住宅は完成するまでに時間がかかります。
デザインがすぐに決まればあとは企業のスタッフが建設してくれるのでスムーズに進みますが、デザインがなかなか決まらないことがあります。
自分たちの希望を詰め込んだデザインが完成しても、スタッフのチェックを受ける段階でダメだと言われたらやり直しになります。

早く完成させるためには、建築のことを勉強してからデザインを考えた方が良いです。
すると実現不可能なデザインの特徴がわかるので、そうならないように決めることができます。
勉強する時間がもったいないと思ったり、わざわざ勉強するのが面倒だと思ったらデザインを考える手間を省ける建売住宅が良いでしょう。

希望を満たせないこともある

たくさんの希望を考えている人は、建売住宅で条件にピッタリのところを見つけるのが困難になります。
建売住宅は内装を変えることができないので、希望が多すぎる人は妥協しないといけないかもしれません。
全ての条件を満たすところが見つかるまで探し続けても良いですが、長い時間がかかることを覚えておきましょう。

優先順位を決めると、全ての条件を満たす建売住宅が見つからなかった時に条件を妥協しやすくなります。
自分や他の家族は、何を優先するのか話し合いましょう。
家族に高齢者や身体を動かすことができない人がいた場合は、バリアフリー機能を最も優先して決めた方がいいです。
新しい住宅で暮らす家族構成も踏まえて、建売住宅の条件を決めましょう。


この記事をシェアする